結婚する時期が命式で分かる

婚期

いつ結婚するのか?知りたいですよね!

四柱推命の見方を交えておおよその時期を説明していきます。

通変で分かる

四柱推命の理論

まず恋愛傾向は命式の通変で分かります。

基本的には…

通変
食神・傷官 行動的
正財・偏財 感情を読む
正官・偏官 責任力
印綬・偏印 忙しい

ということになります。

命式の通変に偏りがあればあるほどその傾向が顕著になります。

逆にないものは苦手ということになります。

食神・傷官は行動力

モテる2つのタイプ

四柱推命の食傷(食神・傷官)は行動力を示します。

そもそも結婚とは異性と出会っていなければ出来ません。

異性との出会いは偶然でも何でもなく、出会う行動をしているかどうか!

です。

だから、食傷が正常に機能している人は行動的で、異性と出会うことも多く結婚する時期も早いです。

もし命式になくても、大運に巡って正常に機能すると同じ効果があります。

正財・偏財は感情を読める

いじる

四柱推命の財(正財・偏財)は相手の感情を読む能力を示します。

どんなに異性と出会っても、会話やLineのやり取りで場違いなことをしていれば好かれません。

これを回避し、好かれる能力こそが『財』なのです。

ですから、

財がうまく機能していると異性に対してベストな対応が取れる

その結果、自分の好きな人を好きにさせるだけでなく、

自分の好きなタイミングで結婚することが出来る

ということになります。

なお、食傷同様、命式になくても、大運に巡り正常に機能すると同じ効果があります。

食傷と財は恋愛からの結婚

結婚運

食と財が正常に機能していれば行動で異性との出会いも多く、相手とのやり取りでもベストな対応が取れるので必然的に結婚する年齢は早いことになります。

もし命式に食傷や財がなくても、大運に巡り、正常に機能すると同様の効果があります。

つまり、出会いが増えて、ベストな対応も出来るから、一番好きな人と恋愛が出来て結婚も出来る。

この正常に機能する大運の時期こそが結婚する時期と言えるのです。

正官・偏官は責任を果す

満員電車

四柱推命の官殺(正官・偏官)は責任能力を示します。

これは結婚する時期においてもそのまんまの意味を表します。

結婚をすると社会的な立場や、子供を守る責任が増える

のです。

特に食傷や財のような恋愛から結婚より、結婚そのものを示す意味の方が強いのです。

つまり責任が増える時期 = 結婚しているということになるのです。

印綬・偏印は多忙

市場規模

四柱推命の印(印綬・偏印)は忙しいことを表しています。

これまでの通変は正常に機能していることを前提としていますが、印は違います。

これは四柱推命の応用なので詳細は割愛しますが印が正常に機能しなくなればなるほど忙しくなるのです。

そしてこの多忙が意味することは、

結婚して子供が産まれると、気ままに暮らしていた独身時代よりも忙しい

ということなのです。

巡ってくる運(大運)が悪くなる時期というものは、一般的に全てが悪くなる!と思われがちです。

でも、そうではありません。特に結婚に関しては印が重要な意味を持ちます。

つまり、印が不良な時期に結婚している、ということになるのです。

逆に結婚しない時期

本当はさみしい

食傷が機能しない人は行動しないので出会いが少ないです。

財が機能しない人は、不適切な言動をするので長続きしません。

官殺が機能しない人は責任を果さないので結婚に問題が生じます。

逆に印が機能する人は忙しくないので結婚しないのです。

つまり、官殺や印があり、忙しく真面目な性格でも、出会いがないとそもそも結婚出来ないのです。

逆に食傷と財の効果で恋愛結婚をしても、官殺や印がないと長続きしないこともあります。

ですから、ただ結婚すれば良いという訳ではないのです。

ですが、大運に巡ってくると状況が変わってくるので、四柱推命で命式を出し、自分に何があるのか、何がないのか。またいつ大運に巡ってくるのかが大切なのです。

五行のバランス

五行のバランスと婚期

日干が木で、木が多い人に、さらに木が大運で巡ってくると五行のバランスが崩れます。

日干が木で、木がなく、大運でも木が巡ってこなくても五行のバランスが崩れます。

前者は独りがよくなる(未婚・離婚)
後者は誰かに頼りたい(結婚)

つまり全体的なバランスが悪くなる=すべてが悪いということではなく、逆にそれは生活の変化を意味し、これが結婚する時期、しない時期を知る視点となるわけです。

絶対的な婚期占い

カード

結論からいうとそんなものはありません。

責任=子供であれば確かに結婚かも知れませんが、責任=出世だと結婚とは関係なくなります。

この責任が子供なのか、出世なのかは正直分かりません。

これは占いの皇帝と言われている四柱推命ですらそうなのですから他の占いでも同じことが言えます。まして無料占いなど当たることはないのです。

結婚する時期を早める方法

ただ話を聞けば良い訳ではない

最初に四柱推命における通変で食傷と財のお話をしましたが、仮に食傷や財がない人でも、食や財がある人の行動をマネすることで結婚する時期が早まります。

つまり面倒でも結婚に関してだけは行動的になれ!ということです。世の中には沢山の婚活サービスがあります。

もちろん申し込んですぐ運命の人に出会えるほどあまくはありませんが、出会いは増えます。行動できない恋愛傾向であっても、婚活という経験を通して婚期をつめていくことが最も確実な方法と言えます。

逆に食傷や財ばかりの人は、結婚することがゴールなのではなく、そこからがスタートだという意識を持ち続けることが長続きの秘訣となるのです。