輪廻転生 仏教では教えてくれない真実

輪廻転生を四柱推命の視点で語っていきます。

まず輪廻転生とは生まれ変わりのことです。仏教用語であり、一般的にもそう信じられています。

大いなる天より生じた魂は肉体に宿り、死と共に地に還ります。どんな名声も、巨満の富も失われます。

生きている時に犯した罪は、どんなに逃れようとも、どんなに言い訳をしようとも、どんなに神が許そうと、自らの神経系統は許してくれることはありません。

罪を犯した人間は法によって裁かれ許されはしますが、その間に変動する肉体的・精神的ダメージは自らの命を削ります。つまり、あなたの罪を許すも許さないも、自らの神経系統がその判断を下すのです。天国も地獄も死んでからではなく、死ぬ過程のことです。これまでの生き方が死ぬ状況を決定づけ、病も怪我も事故も自らの神経系統が決めます。

どんなに不老不死を願おうと、輪廻転生を願おうと、人は生きてきたようにしか死ねません。そして死んだらそれで終わりです。

あなたがどんなに輪廻転生を望もうと、死した瞬間から細胞レベルで変化し、最終的に分子に分解され、そして再び結合し、別のものになっていきます。つまり、死んだら天国や地獄に行くのではなく、死んだ瞬間から60兆個の細胞はそれぞれが分解され、それぞれが別のものになっていくのです。

あなたはあなたとして生まれ変わることはなく、60兆種類のものに変化します。それは空気かも知れないし、水かも知れないし、コンクリートの一部かも知れないし、フンコロガシの脚の一部かも知れません。これが生まれ変わり、輪廻転生の真実なのです

『自分が嫌だと思うことは他人にはしてはいけない。』と皆、誰もが一度は習います。これは倫理観のみでなく、あなたの生き方そのもの、自らの人生そのものに関わることかも知れません。

四柱推命におけるアドバイス

まず最も強い通変があなたの生き方そのものを示します。その中でも特に食傷と官殺がトラブルの原因となります。前者は攻撃的な生き方がトラブル原因となるし、後者は我慢しすぎが原因となります。

そして共に共通しているのが財の有り無しです。仮に命中になくても四柱推命においては大運と呼ばれる未来を見る視点で財がうまく機能し出すと状況は変わっていきます。

ではもし財がない場合はどうしたら良いのでしょうか。それは目の前の相手のことをよく考えることです。面倒かもしれませんし、うまく出来ないこともあるでしょうが、それでも続けていくことで徐々に良くなっていきます。

ネットでも書籍でも良いので四柱推命の財を調べてみて、その内容を模倣してみるのも良いかも知れません。そして既述の通り、人は生きてきた様にしか死ねません。そしてあなたはあなたとして生まれ変わることはありません。ですから悔いのない素晴らしい人生を歩んで頂きたいと思っています。

以上、輪廻転生を四柱推命の視点でお伝えしました。

ページ上部へ戻る