食神・傷官が2つも3つもある人の仕事と性格

食神・傷官の仕事

四柱推命における通変別の仕事運(天職・適職)を見ていきたいと思います。

今回は食神・傷官です。

食神・傷官が向いていること

食神・傷官は行動力が本質的な作用となります。また、自由さも重要です。

このため食神・傷官がうまく作用している人は、

作家、作曲家、作詞家、画家などのようなアーティスト
iPhoneや、ダイソンのような、これまでになかったものを創造するクリエイター
俳優、声優、歌手、ダンサーなどのような表現者
プレゼンテーション、ブレインストーミング、企画・立案、新規事業の立ち上げ

など、縛られず自由に活動が出来るものが向いています。

もちろんこれらだけではなく自分の意思で自由に行動できる仕事が天職・適職となります。

多ければ良いというものではない

食神・傷官が命式に2つも3つもあったり、多くなったりする年ほど自由な職場が天職・適職なのですから、自由に行動すればするほど成功を収られるのです…

と、言いたいところですが、残念ながらそれは違います。

具体的な例をあげてみましょう。

① 命式に食神・傷官が2つも3つもあったり、多くなる年

市場規模

行動力が上がるのでチャンスをつかめる確率が増えます。でも、後先考えない性格となるのでピンチに陥ることも増えるのです。

仕事で言えば、行動力が上がるので出世や転職のチャンスが増えて良いのですが、してはいけないことまでしてしまうので左遷や降格もある訳です。

恋愛も同じように、アクティブになることにより異性との出会いが増えて良いのですが、余計な一言も多いので結局は独りのままだったり、離婚したりします。

② 逆に命式に食神・傷官がなく、年回りや大運にも巡ってこない

婚期

何だかんだと理由をつけて行動しない性格なので、チャンスをつかむことが難しくなります。でも、余計なこともしないので窮地に立たされる確率も下がります。

これを仕事に当てはめれば、上司に対するアピールが足りないので評価されにくく出世は遠のきますが、余計なことはしないので嫌われず居場所は確保出来ます。

恋愛も同じように、出会うための行動は少ないのですが、へんな異性に引っかかることも少なくなる。

ということになります。

つまり、あれば良い、なければ悪いという訳ではなくすべては一長一短なのです。

食神と傷官の違い

一般的な四柱推命では食神が良く、傷官は悪いとされています。でも、それは違います。

陰陽の組み合わせで名前を変えているだけで食神も傷官も意味は同じです。

単体では吉凶もありません。

桜の時期を、春というか、スプリングというかの違いと同じで、意味は同じです。

適切な量と、適切な配置であればどちらも吉だし、多すぎたり少なすぎたりするとどちらも凶となるのです。

なお、単純な視点ですが、陽干は陰干2つ分くらいのパワーがあるので、

日干 事象
甲(+)と丙(+) 食神 適度に行動
乙(-)と丁(-) 食神 適度に行動
乙(-)と丙(+) 傷官 行動しすぎ
甲(+)と丁(-) 傷官 控えめな行動力

このような表となります。

あわてんぼうな人に食神が巡ると、後先考えず行動するので食神は害となります。

逆に内向的な人に傷官が巡ると、外交的な性格に変わるのでチャンスが増える訳です。

自由と責任とはセット

食神・傷官は行動こそが根幹であり、それが良いか悪いかは命式の配置と数に大きく左右されます。

①食神や傷官が適切な人
自由に動ける職場、自由な発言が許される仕事が天職・適職となります。

②多すぎる人
余計なことをしないように本人にとっては不快であっても管理された職場の方が、自滅しなくて済む。

③少なすぎる人
公務員のように、自分から動かなくても仕事がやってくる環境の方が良い。

という訳です。

男性に傷官

男性に傷官があると出世にあまり良くない影響が出ると一般的な四柱推命では言われています。

しかし、既述の理由により傷官があった方が良い場合もあるし、逆に食神があるからダメな場合もあるのです。

12運との組み合わせ

また、12運そのものに意味がないので、食神・傷官と、病とか、死とか、絶とかの組み合わせを心配されても意味がありません。

オタクは声優にはなれない

アーティスト

昨今、声優という仕事がとても人気です。また声優を育成する専門学校も乱立しています。そしてそこに入学する多くの人がアニメが好き、という共通点があります。

もちろんアニメが好き=声優になれない、ということではありませんが、問題なのがコアなアニメファンであればあるほど通変の印が強い傾向があります。

そして印は食神・傷官を相剋(攻撃)し、無力にする作用があります。

声優とは自分で考え、自分で声を発し、舞台やメディアでも瞬発的な言動が求められる仕事。

ですから食傷がなく印ばかりの命式だと声優は不向きとなります。

職人気質の声優なら別

実際、声優になれますか、と四柱推命協会に相談される方が増えてきています。

ですが、残念ながら食神・傷官(行動力)がなく、印(マニア思考)が強い人ほど声優に憧れるのです。

もちろんこのような人でも声優になれるし、適性がない訳ではないのです。

でも、あくまで声で命を吹き込むという声優本来の適性ならある、ということであって、歌ったり踊ったりするタレント声優の適性はない、ということは覚えておいて下さい。

このことはテレビに顔を出すことを夢見ている音楽家や作家も同じことが言えます。
舞台で面白くても、テレビだと普通レベルのお笑い芸人も同じです。

そしてこのことを逆に言えば純粋な芸術家を目指すのであれば、可能性がない訳ではありません。

まとめ

以上より、ただ単純に、食神・傷官があるからいい、ないからダメという訳ではなく、

① 適切な場合
フリーランスのような、独りで自由に行動できる仕事が天職・適職となります。

② 多すぎる場合
会社員のような、ある程度管理される仕事の方が良い。

ということになります。

本物の占い

もし、あなたの食神・傷官が適切なのか、適切でないかが不安な方は
信頼できる四柱推命のプロに相談されると良いでしょう。

以上、恋愛も仕事もすべてうまくいく、四柱推命協会がお送りしました。

なお、有料鑑定ではここでは記載されていないような、人生を好転させる秘伝を包み隠さずお教えします。