Lineで使える既読スルー対策

line

LINEは恋愛において必須!

LINEはもはや恋愛において欠かせないツール。

好きな人ほど返事がなかなかこない。既読スルーだったり、ブロックされてたらどうしよう!

そんな悩みは尽きません。

今日はそんな思いを解決する方法を四柱推命という占いの視点を交えてお伝えします。

頻度を間違えると既読スルー、ブロックされる!

多くの人が間違えているのがLINEの頻度です。

よく毎日するべきとか、週に2~3度がベストとか言われていますが、千人いれば性格も千通り。

ベストな頻度も相手によって全く違います。

この頻度を間違えてしまうから相手に嫌われて、既読スルーや、ブロックされるのです。

※特に片思いの時に考えもせず、あせった言動やLINEは要注意です。

人恋しいという感情

四柱推命という占いを駆使してはっきりと分かったことがあります。

それは『人恋しい』という感情です。この感情レベルがどの程度かでベストなLINEの頻度が分かるのです。

例えば『人恋しい』という感情が大きい相手には、おはようからおやすみまで1日にLINEを何度も送ることが正解です。

つまり相手と常につながってあげることで相手の『人恋しさ』を埋めてあげるのです。

逆に、既読スルーや、LINEを送らないといった恋愛の駆け引きをしてしまうと別の異性に人恋しさを埋めてもらおうとします。

独りでも大丈夫な人には?

では、逆に人恋しさの感情レベルが小さい人にはどうしたら良いのでしょうか。

それはたまにLINEを送ることが正解となります。

何故なら、このような人に1日に何度もLINEを送ってしまうとうっとうしく思われてしまうからです。

だって独りの時間が欲しい人なのですから。

ブロックされる原因のほとんどはこれです。

印=人恋しさ

人恋しさ

四柱推命において『人恋しい』という感情は、通変の『印』で分かります。

具体的に言うと、印が欲しいのに印がないほど孤独がイヤになります。

逆に印が良好な人ほど孤独の耐性があります。

この視点を元に相手の恋愛傾向に合わせてLINEの頻度を変えていけば良いのです。

これを繰り返すことで相手はあなたと感性が合う、相性が良いと感じ、だんだんとあなたのことが好きになっていくのです。

印が分からない人へ

では、四柱推命で『人恋しい』のレベルが出せない場合はどうすれば良いのでしょうか?

まず片思いの段階では最低限は連絡は取り続ける必要がありますが、その頻度はやや少なめにする必要があります。

よく毎日LINEで連絡を取り合うことを目指そう!というノウハウを見かけますが、片思いの段階ではこれは不可能です。

そもそも両思いの関係でも毎日のLINEは正直うっとうしいと感じてしまうのですから。

恋愛テクニックの危険性

無料占いサイトなどの画一的な診断では"うさぎ年生まれは人恋しい人"なのでLINEをガンガン送りましょう!などとあります。

ですが、そんなことはありません。

四柱推命に限らず、人の心を理解すると全員に通用するテクニックなんてなんてないことが分かります。

だからネットや書籍に書いてある恋愛術を皆が有効と勘違いしてしまうと猛烈に嫌われる危険があります。

LINEの頻度も相手によってバラバラ。マニュアル通りでなく相手の人恋しさを見極めることが重要なのです。