Lineで使える恋愛法

LINEはもはや欠かせないツール。

片思いから両思いへ発展させる様々なやり方がありますが、その中でもLINEで使える有効な方法を四柱推命の視点でお教えします。

相手に合わせるという安易なノウハウ

質問で一番多いのがLINEの頻度です。

週に2回とか、毎日するべきとか言われていますが、結局は相手の頻度に合わせるべき、というやり方が主流のようです。

ですが、この相手の頻度に合わせるべきという方法。実際のところ、向こうも社交辞令でにこちらに合わせてLINEを送っていることが多く、

どんなにこの『相手に合わせる』というテクニックを駆使しても、肝心の両思いには発展しないようです。

では、どうしたら良いのでしょう?

人恋しいという感情

この『人恋しい』という感情がどのレベルなのかでLINEの頻度が決まります。

つまり四柱推命で判明した『人恋しい』という感情が大きければ大きいほど、おはようからおやすみまでLINEを1日に何度も送ることが正解となります。

つまり、相手と常につながってあげることで相手の『人恋しさ』を埋めてあげるのです。

逆に、このような『人恋しい』という寂しがり屋に、既読スルーや、LINEを送らない恋愛の駆け引きをしてしまうと、とっとと違うに異性に心変わりしてしまいます。

独りでも大丈夫な人には?

では、独りでも大丈夫な人にはどうしたら良いのでしょうか。

このような人に1日に何度もLINEを送ってしまうとうっとうしく思われてしまうので、たまにLINEを送ることが正解となります。

印=人恋しさ

人恋しさ

四柱推命において『人恋しい』という感情は、通変の『印』で分かります。具体的に言うと、印が欲しいのに印がないほど孤独がイヤになります。逆に印が良好な人ほど孤独の耐性があります。

この視点を元にLINEの頻度を変えていけば良く、このテクニックを使うことで相手はあなたと相性が良い、と徐々に感じさせていくこととなります。

印が分からない人へ

では、四柱推命で『人恋しい』のレベルを出せない場合はどうすれば良いのでしょうか?

まず片思いの段階では最低限は連絡は取り続ける必要がありますが、その頻度は一般的なやり方よりも少なめにする必要があります。

よく毎日LINEで連絡を取り合うことを目指そう!というノウハウを見かけますが、片思いの段階ではこれは不可能です。

理由は両思いでも毎日のLINEは正直うっとうしいと感じてしまうのですから。

恋愛テクニックの危険性

四柱推命に限らず、人の心を理解すると、同じ人なんてないことが分かります。

特に無料占いサイトなどの画一的な診断では上記のことは教えてくれません。

LINEの頻度も同様にネットや書籍に書いてある恋愛術を誰もが有効と勘違いしてしまうと、猛烈に嫌われる危険性もあるのです。

ページ上部へ戻る