転職サイトの落とし穴

転職サイト

転職サイトを見ていると、いつでも沢山の企業が募集しています。それだけ人手不足なのでしょう。

ですが、人が足りない!買い手市場!っと言っても

①本当に優秀な人が足りない

②低賃金でこき使える奴隷が足りない

という2つのパターンがあり、特に②の使い捨てだけが欲しいって会社が本当に多いので注意が必要です。

でも実はこれ以外にも転職サイトには落とし穴があります。

今日は四柱推命を活用し、この思いも寄らない落とし穴にハマらないアドバイスをして行きたいと思います。

四柱推命の活用法

四柱推命を活用すれば、持って生まれた才能をどう活かせばしあわせになるのかが分かります。

まず、転職サイトで誰もが注目するのが掲載された待遇の良さや、残業時間の少なさです。でも待遇の良さに目がくらんでしまうと、あなたの才能を活かしきれないトラップが待っています。

とは言え、やっぱり気になりますよね。そこでお給料が高いのか、そうでないのか。忙しいのか、定時間内で帰れるのか。

この組み合わせだけでも4種類が出来上がります。そこに現実的な視点を入れると下記のようになります。

低収入・残業だらけ 自分だけでなんとかなる
高収入・残業だらけ 対人能力が必須
低収入・残業あり  才能不要
高収入・残業なし  経験必須

低収入・激務・いつでも歓迎!

高収入

月給25万円~50万円 完全週休2日制 残業ほぼなし!

住居、マンションなどの不動産取引、自動車などの高額商品の販売営業、
建築営業、外食サービスの店長候補など

※現実は低収入・残業だらけ

理想と現実との差がもっとも激しいのがこの高収入の業種。常識的に考えてここに飛びつく人はあまりいないと思いますが、人は追い詰められると冷静さを失うもんなんです。

特にエントリーの段階ではねられ、面接にこぎ着けても何度も落とされる。焦れば焦る人ほどこういった業種に飛びつくもんです。

高収入で、残業もない。と転職サイト上で謳っている以上、ここにウソはありません。でも給料が高いってことはそれなりの理由があるんです。

まず、一番多いのが、固定給が低く、+αとして成果報酬が高いことです。つまり、いっぱい売れれば年収1000万でも払うけど、結果を出さないヤツは最低時給しか払わないよ!ってことです。

残業もないって言っているけど、売り上げ低かったら…分かっているよね?って場合もあります。

でも現実的に考えて、定時間で達成できるノルマなんて設定されてませんから、基本的には激務です。

ちなみに四柱推命によると、大運によってバランスが崩れ、印の作用が悪くなる人(身体の自己管理能力の欠如)は寝る暇無く働いていないと楽しくないので、こういった仕事には向いています。

逆にそれ以外が転職サイト上で掲載されている金額だけを見て飛びついちゃうと、残業&低賃金&ストレスMaxといった落とし穴にハマることになるのです。

組織を牽引する管理者

リーダー

月給28万~40万円 年齢・経験等を十分に考慮の上、管理職候補として優遇します。

経営企画、事業管理、プロジェクトマネージャー、
施工管理技術者、法務系スペシャリストなど

※高収入・残業だらけ 対人能力が必須

内容は先ほどと似ていますが、最大の違いは個人の実力より、上司、部下を含めた組織を牽引出来るかどうかです。

あなた一人の結果ではなくて、上司や部下を含めて組織に対してどれだけ貢献できたかです。

自分のペースで仕事が出来ないので残業はありますが、組織に貢献した分、高額な給料ももらえます。

人を動かす能力がある人にとっては楽しい!っていうイメージでしょうし、逆に人を引っ張るのが苦手な人にとっては精神的に苦しい仕事です。

四柱推命によると、財と官殺があり、食傷があって行動的であり、かつ大運も味方している人が向きます。

タスクオペレーター

事務職

未経験者歓迎 月給20万~ 資格手当あり 残業あり

営業、一般事務、販売接客、CADオペレーター、
工場作業員、ルートセールス、設計、建築、工事、システムエンジニア

※低収入・残業あり  才能不要

そこそこ残業があって、年収は200~400万くらい。アルバイトや派遣社員もここに該当します。

全体的な割合を考えても、これらの仕事に従事している人が突出して多いのではないでしょうか?また、転職活動をしている20代がエントリーするのもこの業種です。

このタスクオペレーターという仕事。ちゃんと研修すれば誰がやっても結果が出せるように出来ています。

言い方は悪いですが、誰がやっても同じなら、給料が安くすむ20代を採用したいってのが企業の本音です。

だから30代になってここに転職したくても、若い20代が殺到するのでうまく行きません。仮に運良く入社出来たとしても、安い給料の会社から、安い給料の会社に移り住むだけです。

もしあなたが給料に対して不満を抱いているのなら、このタスクオペレーターから脱却をしなければなりません。そのためには、自分に合った仕事に就いて、自分の才能を磨いて、結果を出せるレベルになる必要があるんです。

マイルドブラックと言われる飼い殺し状態の会社が増えているので、要注意です。

ちなみに自分に合った仕事というのは、四柱推命によると、人か、それ以外(通変)か。感情と論理(五行)で何に向いているのかが分かります。

そして自分に向いた職種でキャリアを積み、結果を出し、管理職に向いているなら管理職、スペシャリストが向いているならスペシャリストになるべきなのです。

スペシャリスト

専門家

経験者歓迎、即戦力優遇、月給28万~、完全週休2日制(土日祝)

※高収入・残業なし  経験必須

これは先ほどの進化版です。日本人で幸福を享受している人の大半がここです。高収入、残業ほぼなし、がここです。ストレスフリーもここです。

現場を離れる管理職でもないし、かといって新人でもない。即戦力だし、結果も出せる経験者です。

国家資格や実績があれば企業も手放したくないので、好待遇で迎えるし、休みも充実してます。

四柱推命によると、20~40代で大運が味方しているか、大運によって通変がすべて揃うかです。

もし大運が味方なくても、仮に通変が揃わなくても、頑張って結果を出していればここまで進めます。

転職サイトの落し穴

落とし穴と言えば落とし穴ですが、高い給料が欲しいならそれなりのリスク(責任・激務)があります。

逆にまったりしたくても、自分に向く業種を見つけ、結果を出しておかないと40代以降で頓挫します。

なので、どんなに面倒でも自分に向いた仕事を見つけ、修行を積み、結果が出せるレベルになっておいたほうが有利なんです。

まとめ

Be happy

転職自体に良いも悪いもありません。どの会社であろうとメリット・デメリットはあります。得るものと、失うものが同時に存在します。

転職サイトに掲載された待遇に目がくらんで、会社の求めていることと自分の性格がミスマッチングすると、ストレスが溜まりに貯まって、結局辞めちゃうんです。

なので、自分から落し穴にはまらないように、自分の特性をしっかりと理解し、自分に合った仕事に就く!

これが待遇という甘い蜜で引き寄せる落し穴にはまらず、逆にあなた自身がしあわせになれる唯一の方法なんです。

以上、四柱推命の転職サイトの落とし穴についてお送りしました。