仕事運が分かる

四柱推命では仕事運(仕事と収入の関係性)が分かり、どういう時期に、どういう選択をすれば良いのかが分かるのです。

仕事運の見方・判断法

まず、五行の木水が多い人は対人職が向いています。逆に火金が多い人は技術職が向いていると言えます。また巡ってくる大運で全体のバランスが取れる人は給料よりもプラべート優先的になりますし、逆に全体のバランスが崩れる人は忙しくないとつまらないということになってきます。

また大運が通変とうまくかみ合うと独立した方が成功しやすいですし、逆にそうでないと独立してもうまくいかないので会社員としての人生を全うした方が安心・安全と言えます。

では四柱推命における仕事運とは何なのでしょうか?

仕事運の本質

上記の視点以外にもいろいろとあるのですが、まずは対人か技術か。やりがいか安定か。独立か会社員か。この視点だけでも大いに役立つことになります。そして仕事運とは自分に向いていることを選んでいるか、選んでいないかの違いだけで、目に見えない不思議な力によるものではないのです。

向いていない仕事を選ぶとうまく行きません。これでストレスをため、運が悪いと嘆く人がいらっしゃいますが、そもそも合わない職種を選んでいるだけなのです。

そしてこのことを逆に言えば、自分に合っている仕事を選ぶだけで、運が良くなってきていると実感出来るのです。

なお、これまでこのサイトでは再三言ってきましたが、四柱推命で日干の強弱がちゃんと判断出来る人に相談しないと、金が強い=工業系、水が強い=夜の仕事、食官がある=飲食系、などと全く当たらない答えを出してしまいますのでお気をつけ下さい。

正しい道を歩む重要性

やりたいことと、出来ることの違いを知ることが重要なのですが、実際にどちらに比重を置けば良いのかは命運によって千差万別のため画一的な答えは出来ません。しかし、あなたにとって正しい道を歩むこと、つまり四柱推命などを通して自分に向いている職種を選ぶことが最も仕事運を上げる方法となります。

今後の日本経済

2018年の現時点で日本経済は上昇しています。マスメディアの偏向報道で真実がゆがめられていますし、その恩恵を受けるのはごく一部ですが日本の経済は絶頂を迎えつつあることとは紛れもない事実です。

そして、登り切った日本経済は下っていくのが明白なので、2020年以降に迎える日本の現実を含めて考えますと、少しでも良い人生を送るには、自分の適性を出来るだけ早い時期に知り、運が良いと実感されるためにも、最良の仕事を選ぶべきなのです。

四柱推命で分かる仕事運

適性進路・適職の方向性。独立自営・奉仕生活の適性。あなたはお金持ちになれるか、どうなのか

あなたは社会で成功するのか

・・・等々、まことに、多くの事を知る事が出来るのです。

ページ上部へ戻る