神殺の出し方(天乙貴人は地獄行き)

神殺

神殺(しんさつ)とは、干支の組み合わせで、人の運命を語る四柱推命の占いです。

流派によって出し方や数は色々とありますが、その種類は知る限り200以上もあります。

今回は最も当たる占いである四柱推命の根幹理論である神殺。

その中でも代表的なものと、あなたの知らない衝撃の真実をお伝えします。

天乙貴人

天乙貴人

四柱推命の中でも最も幸運を呼ぶもので、
神殺を代表する特殊星です。

全ての災いから守ってくれるとされています。

天乙貴人の出し方は下記になります。

日干 各支 各支
甲戊庚
丙丁
乙己
壬癸

基本的には、四柱推命の通変星
正財、偏財、正官、偏官=天乙貴人です。

大運や流年(歳運)に巡っても成立します。

お金と名誉

正財偏財

通変の財はお金、官殺は出世とされています。

お金があれば最高だし、出世すれば池袋で人を轢いても逮捕されません。

だから、
天乙貴人は、四柱推命の神殺でも最強です。

でもね…

日干の強弱

お金は、稼ぐためのノウハウや苦労がないと、お金に振り回されて、最後は不幸になります。

出世しても、中身がないとボロが出て、世間から袋だたきに逢います(SNSの炎上など)

財や官殺も同様に、財や官殺を制御するだけのパワーが必要です。

もしなければ、財や官殺があっても、財や官殺に振り回されるだけです。

つまり、あれば良いという訳ではないのです。

力量チェック

財や官殺をコントロールするパワーのことを、日干の強弱と言います。

ちょっと難しいかもしれませんが…

財1つを制御するために、
日干の他に比劫が1つ必要です。

官殺を制御するために、
日干の他に比劫が2つ必要です。

なお、陽干は陰干2つくらいのパワーがあるので、戊(陽)なら乙(陰)が2つ要ります。

正財(戊) 偏財(己) 正官(庚) 偏官(辛)
比肩(乙)
劫財(甲)

こんな感じです。

例えば、日干が乙木の場合、

正財である戊を制御するためには、陽干甲が1つか、陰干の乙が2つ必要です。

正官である庚を制御するためには、陽干甲が2つか、陰干の乙が4つ必要です。

もし、それだけの比肩や劫財が命式になければ財や官殺に振り回されるのです。

地獄に堕ちる理由

頭痛

命式に正財と正官ばかりあったとしましょう。

すると、正財と正官ばかりなのだから、神殺も天乙貴人だらけです。

だから、出世して、お金持ちになれますよって鑑定されます。

でも、日干が弱かったら、お金と名誉を得られるどころか、完全に振り回されちゃうのです!

さらに!

大運や流年(歳運)で、また財や官が巡ってくると、もうボロボロ…

実際に天乙貴人が多い人に天乙貴人が巡ると、大抵ロクなことがないのです。

天乙貴人が吉か凶かは人によって違う

人によって違う

命式に比肩や劫財ばかりある人だと、パワーがあるので、財や官殺は必要です。

そういった人に天乙貴人が巡ると、良いことが起きます。これが最強と言う理由です。

でも、コントロールするパワーがない人には、不幸の連続です。

これが天乙貴人が地獄行きと言う理由です。

このことは紅艶殺、亡神など不幸な特殊星が、実は吉になることもある、ということです。

まとめ

以上の説明により、

天乙貴人は、人よっては幸福の天使。
天乙貴人は、人によっては地獄行き。

ということです。

これは200種類以上もあるすべての神殺も同じなんです。

無料占いの落とし穴

四柱推命は自動鑑定が不可能な占いです。
でも、ネット上にはたくさん有りますよね?

その理由は、ただ単純に神殺があるから最高、ないからダメ!って出しているだけなんです。

でも既述の通り、人の命式は千差万別。
人によって神殺の良し悪しは変わってきます。

最初から吉凶が決まった『神殺』は四柱推命の理論から逸脱した考えなのです。

本物の占い

もし、不安な方は、信頼できる四柱推命のプロに相談されると良いでしょう。

以上、恋愛も仕事もすべてうまくいく、四柱推命協会がお送りしました。

有料鑑定ではここでは記載していない、人生を好転させる方法をお教えします。