十二支

十二支

十二支とは

十二支(じゅうにし)とは十干と同じく、四柱推命という占いでは必須の知識で

年賀状でおなじみの、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥という

12種類の動物のことです。

十二支の歴史

その歴史は古く、木星が約12年で天球を西から東にむかって一周することから、天の赤道を12分割し、それぞれの年に名称を当てはめたことが十二支の始まりまとされています。

つまり十干が日数を表すのと同じように、元々は十二支は年を表わす記号だったのです。また月数も12という同じ数字なので、季節を表す文字としても使われるようになっていきました。

本質を知る

あくまで十二支は時間の経過を表す文字であり、動物そのものでもなければ、12345でも、ABCDEでも構いません。

つまり、あくまで代名詞に過ぎないのです。

そして十二支とは五行を12種類に振り分けたものですので、長々と本に書いてある意味を一々覚えなくても、陰陽と五行の本質を覚えておけば問題ありません。

十二支と性格占い

四柱推命とは陰陽と五行が基本であり、その上に十干と十二支があります。

だからだから本質と命式さえ分かっていれば本に載っていることを覚えなくても性格も相性もスムーズに占えるようになるのです。

十二支 性格
木・寅卯辰 怒ったり、泣いたり、笑ったり、慈しんだり。人間味のある感情面が中心となります。
火・巳午未 決められたルールや法則が思考のベースとなります。このために数学に強くなります。
土・辰未戌丑 現状維持。これが言動のベースとなります。状況次第では信念とも頑固ともなります。
金・申酉戌 分析、観察。感情には左右されず冷静的。ある意味で人間味にかける欠点もあります。
水・亥子丑 適応能力。変化に対応できる革新派。ただしころころ意見を変える性格でもあります。

※ここに、陽は激しく強く、陰は緩やかに穏やかに、というルールを組み合わせるだけ。

また、陰陽思想である『この世界は相対する2つで出来ている』と言う考えより、十干(天干)と対となる存在(地支)としての役割を十二支が担っていて、それぞれに五行(木火土金水)が割り振られていますので

強い : 十干の陽 > 十二支の陽 > 十干の陰 > 十二支の陰 : 弱い

となります。

そして、十二支は十干と同じくその人のコアとなる性格を示すのかは分かるのですが、それがどんな影響があるのか、またそれが他人から見て分かりやすい性格なのかどうなのかは通変や、大運を見ない限り分からないのです。

だから一般的な本に書いてあるような、虎は強いので寅年生まれは剛の寅、未(ひつじ)年生まれはのんびり屋、と言う性格占いに意味がありません。陰陽のページでも書きましたが、これは十二支=動物と言う先入観にとらわれてはいけないのです。そして大切なことは五行と陰陽の組み合わせが本質なので丸暗記は不要なのです。

以上、十二支についてでした。