頭痛の原因と意外な治し方

頭痛

ズキズキとやってくる頭痛。とってもイヤですよね?

これからやってくる梅雨時期は特に低気圧が頻発するため、どんどん気分が落ちてきます。

今日は四柱推命の視点でこの原因と治し方をお教えします。

つらい頭痛の原因は何?

頭痛がつらい

つらい頭痛の原因は何でしょう?それはズバりあたまの中の炎症です!

がーん!

正確には脳の血管の周りの炎症です。

炎症がおきて、それで脳が膨張して、膨張した脳が神経を物理的に圧迫するから痛いんです。

だから炎症によって膨張した血管を収縮させれば神経への圧迫がなくなり、症状が治まります。

多くの規模を誇っているロキソプロフェンNa系は副作用が少ないとされてますので

ロキソプロフェンNa系が配合されれている薬は良く効いて、比較的安全と言えます。

安易な治し方に頼るより、急性(一時的)な頭痛の時は、無理せず飲んだ方が良いと思います。

※慢性の治し方と四柱推命の解説はこの後で。

頭痛薬の市場規模

国内調査によると30代の女性では5人に1人が慢性的な症状を抱えているそうです。

結構いますね!!

世の中にはロキソニン、バファリンなど沢山の頭痛薬があり、市場規模は約4000億円!!

医学が発達した現代。これだけ薬が出回れば根本的に治った人でいっぱい…

って、そんなことないですよね。現状は全く逆!

ぜんぜん治らず、いつも薬が手放せない慢性的な患者がどんどん増加しています。

薬を飲んでも根本的には治らない

治らない

多くの方が分かっているようで分かっていないのですが、薬を飲んでも治るわけではありません。

がーん!

頭痛薬ってのは鎮痛剤です。痛みを感じさせなくなるだけで、治している訳ではないんです。

冒頭でお話しましたが、頭痛の原因は脳の血管周りの炎症です。

急性的(一時的)な炎症であればロキソプロフェンNa系で痛みは忘れられます。

でも慢性頭痛ってのはずっと炎症が起きているんです。

良く効く頭痛薬ってのは痛みを感じさないだけで、結局はその場しのぎにしかなりません。

それどころか、一つの炎症を放っておくと、次々と別の炎症を起きてしまいます。

だから何でずっと炎症が起きているのか?どうしたら炎症を治せるのか!を知ることが重要です。

原因は免疫力の低下!

脳神経

睡眠不足、対人関係、仕事のイライラ。現代日本人は昔と比べて遙かに多くのストレスを抱えています。

ストレスが発散出来ていれば良いのですが、これが積もりに積もると必ず身体に跳ね返ってきます。

特に先天的に弱い内臓、もしくは食生活の乱れで負荷がかかている内臓は疲労困憊…

すると内臓は硬く萎縮していき、免疫力が低下していきます。

さらに多くの内臓は神経で脳まで繋がっているので、内臓のストレスは脳にもストレスを与えるのです。

この内臓の負荷、免疫力の低下、脳へのストレス。

このトリプルパンチ状態な時にウイルスに感染したらどうなるでしょう?

いつもなら平気なウイルスでも簡単に感染してしまい、あたまの中で炎症が起き頭痛が起きるんです。

臓器と五行の関係

五行

四柱推命によりますと

木 肝臓
火 心臓
土 胃
金 大腸
水 腎臓

と言われてます。

これが対人関係の問題や、仕事のストレスなどが積もると臓器に異常をきたします。

これが急激であればあるほど問題は大きいです。

※大運・歳運などで解命可能

臓器との関連

先ほどの例をもとに四柱推命の五行と、身体の構造を考えますと

偏頭痛  左右どちらかズキズキする側の腎臓
頭頂部  小腸、十二指腸の疲労(咀嚼不足)
おでこ  肝臓、胃の問題
こめかみ 胆嚢
後頭骨  免疫力の低下

ということが分かっています。

なお全体的に、しかも長期的に苦しい場合は、身体全体に問題があり、心筋梗塞、脳溢血の兆候が考えられます。

根本的な治し方とは

健康食品

臨床的に多くの人が四柱推命の結果に関係なくグルテン(小麦粉)が原因であることが分かっています。

なのでパンやお菓子などを控え、グルテンフリーや野菜など、加工されていない食品に注目して下さい。

また痛みは休め!という身体のサインです。このサインを無視するから症状が悪くなっていくんです。

だから慢性的な頭痛で苦しんでおられる方は、慢性的な疲労と睡眠不足が考えられます。

あと食べ過ぎも問題です。これは人と比べて、ではなく自分が消化出来る以上の量を食べているんです。

頭痛のメカニズムの治し方のまとめ

端的に言えば、慢性疲労で脳がウイルスにやられてるってことです。

脳周辺の炎症、頭痛は結果でしかありません。

① 対人関係や、仕事のストレスで身体の不調が起きる。

② 身体の不調は内臓の不調。免疫力も下がり、内臓も悪くなる。

③ 脳も巻き込まれて正常に機能しなくなる。

④ そこにウイルスがやってくると、簡単にやられる。

⑤ 脳の血管が炎症を起こして、頭痛が発生する。

ってことです。

根本的な治し方としてはストレス、もしくは内臓への負荷の軽減です。

小麦粉(グルテン)やお菓子を控え、休める時はしっかりと休む。

免疫力が向上すれば、身体の回復とともにあたまの中の炎症も起きにくくなります。

これを繰り返すことで慢性的な頭痛からも解放されていきます。

以上、頭痛の原因と意外な治し方について四柱推命の視点でお送りしました。